太陽光発電なら沖縄小堀電機!

有限会社沖縄小堀電機

  • Japanese
  • English

サイトマップ

098-982-1325

会社概要

取扱太陽電池メーカー

㈱カネカ、㈱東芝、JCU

太陽光パネルについて

日本にて消費する全エネルギーのうち、化石燃料が占める割合は80%以上。 このまま地球上の石油を使い続けると、あと40年余りで枯渇するといわれています。 また、温室効果ガスの影響も考えなければなりません。
当社はこの問題に積極的に取り組み、地球に優しいエネルギーを創造する企業をめざし、太陽光をはじめ風力発電システムの普及にも力を注いでいます。

ライン

太陽電池モジュールには様々な種類があります。

材料から見た太陽電池の分類

推奨するアモルファス

1.温度特性に優れている。
結晶系太陽電池は高温に弱く、気温が上昇する夏場に発電能力が低下するという欠点があるのに対し、アモルファス太陽電池は優れた温度特性により、温度が上がると逆に発電能力が高くなる傾向があります。
2.影による影響が小さく、発電効率に優れている。
結晶系太陽電池に比べ、影による影響が小さく、システム全体の発電効率が優れている。 影の影響が小さいため、低角度設置も可能。
3.低角度(5度)フラット設置が可能。
低角度(5度)フラット設置により、屋根の隅々まで高密度での設置が可能。これにより、モジュール面が直射日光を遮断し、建物内部への侵入熱を防ぎ、冷房コストの削減に貢献します。

アモルファス太陽電池導入のメリット

影の影響が小さい
※システム全体の発電効率が優れている。
※陸屋根低角度(5度)設置が可能。
アモルファス太陽電池は、その形状から影の影響を受けにくいタイプです。(下記ご参照)

比較図

影になった部分で電流が途切れ、
そのモジュール全体の発電効率が落ちる

影による影響が大きい

影になった部分のみ発電効率が落ちる

影による影響が小さい

※太陽電池モジュールは
  太陽電池セルの直列接続で構成されています。

  • お問い合わせ
  • 実績一覧を見る